316344
ボーイスカウト新潟連盟・復興関連プロジェクト支援等掲示板
この掲示板は、旧「ボーイスカウト新潟中越地震復興プロジェクト支援等掲示板」です。

[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

掲示板は、全国の不特定多数の皆さんがパソコンおよび
携帯電話等を通じてインターネットに接続し、読み書き
することが可能なシステムです。 従って、投稿する内容
は不特定多数の方々に読まれる事を意識してお願いします。
投稿について基準となる考え方が次のURLにあります。
http://www.iajapan.org/rule/

尚、投稿した記事は管理者が不適切と認めた場合削除することがあります。

仮設住宅に積もった雪の観察  投稿者: 鈴木幸一@横浜第96団 投稿日:2005/03/09(Wed) 21:55 No.137   HomePage

皆さんこんにちわ、ご奉仕、ご苦労様です。

皆さんご存知のとうり、仮設住宅にの耐雪能力は、2メートルです。マスコミ報道によれば、限界を超え、歪や雨漏りの生じている住宅もあるとのことです。

ボランティアで仮設住宅を訪問したら、屋根の積雪状態を観察して下さい。30センチほどであれば、保温の役割を果たし理想的です。この高さを保つには、居住者自身による雪下ろしが出来ているところです。

2メートルを超える住宅は、高齢者世帯などで雪下ろしが出来ない家庭です。ノックして雪下ろしを申し出れば喜ばれると思います。屋根に雪が積もっても雪下ろしが出来ない人の、不安な気持ちを考えて下さい。そこへスコップを持ったスカウトが、「屋根の除雪」を申し出てくれたらどんなに有難く思うでしょうか。

屋根の雪下ろしは危険が伴います。4メートルほどの棒の先に針金で輪を作り縛り付け、路面から雪を切るようにして落とします。脚立を使えば更に奥のほうまで雪を落とせます。屋根に登るにしても四方の雪をカットしておけば、安全性が向上します。スカウト諸君には、地表の雪の移動をお願いしましょう。

作業に必要な、スコップは各家庭に常備されています。スノーダンプ(大型自動車免許は不要です。)やツルハシがあると便利です。トイレは、隣接する集会所を借りましょう。

被災地は、少年達にとって掛替えの無い、「人格形成」の道場です。雪堀は、スカウトにとっても結構楽しい作業です。遠い、寒い、忙しいなどとは言わず指導者は、スカウトとともに被災地を訪問しましょう。素人の芸能人だって雪中キャンプに挑戦する時代です。地元のスカウト関係者は、最大限の協力を惜しみません。その結果、一度でも現地で奉仕したスカウトは、「役に立てて良かった。」、「又、来たい。」などと指導者を泣かせてくれます。いわゆる、「指導者冥利に尽きる。」という訳です。現在、「B−Pの黄色い腕章」の配布状況から見て日本中から新潟を目指したスカウトは、ガールも含め300名を超えていると思います。

一つのチャンスです。ボーイスカウトが、只の子ども会とは違うところを見せようではありませんか。大相撲貴乃花部屋のパワーには、現況かないませんねー。残念。


とりあえず1枚  投稿者: 稲葉@大和6団 投稿日:2005/02/21(Mon) 00:52 No.116

とりあえず集合写真をアップしておきます。
製作の様子や薄明かりの中の動画もあるのですが、掲示板に.aviファイルって貼り付けられるのでしょうか??

今晩はもうダウンしそうなのでアルバムは後日にしますm(_ _)m





Re: とりあえず1枚   荒井@加茂1団 - 2005/02/21(Mon) 07:19 No.118

ご苦労様でした。

掲示板ソフトにavi添付許可の設定項目はありませんでした。
ごめんなさい。




Re: とりあえず1枚   林敏朗@横浜82BVSL - 2005/02/21(Mon) 07:47 No.119

お疲れさまでした!。
昨日(20日)は自隊の活動があり、十日町へは
いけませんでしたが、
来週は、(26〜27)活動計画の団承認も得て
再度、十日町にお邪魔させていただきます。




Re: とりあえず1枚   鈴木幸一@横浜第96団 - 2005/02/21(Mon) 12:50 No.121   HomePage

稲葉さん、お疲れのところ、素晴らしい写真のアップありがとうございました。看板も喜んでいます。スポンサーも喜ぶと思います。

2月19日は、私の地元横浜栄区での「区民防災の集い」が開催され、パネラーとして出席しました。例の報告書を100部ほど増し刷りし、参加された皆様へ配布し、啓蒙を深めたこところ、「偉いぞ。」とお褒めの言葉を頂きました。夜は、地区協議会で、「ボーイスカウト新潟中越地震復興プロジェクト」のホームページで、現地で活躍する仲間達に声援だけでも送るようお願いしました。20日は、横浜市消防訓練センターで行なわれた、地区主催の「BP祭」にて、「救護所」を設置したところ、例年の如く、喫茶室化してしまいました。

さて、「少年災害ボランティア養成講習会」と言えば、皆さん、内容は想像ができると思いますが、先日、平成17年度の防災教育事業プランとして応募したところ、目出度く、お国から30万円の補助金を頂けることになりました。今回の活動実績が大きく評価されたものと思い感謝しています。スカウト指導者をインストラクターに、(勿論、交通費、指導手当て付です。)第一回の訓練会を、初夏の山古志村仮設に住む、小学校高学年の子ども達と青葉台小学校の子ども達を対象に実施できたら嬉しく思います。講習は、3時間ほどで終わりますから、集会所かなんか借りて、スタッフ一同一泊打ち合わせ会なんて如何でしょうか。てな訳で、27日は、東京の本部へプレゼンテーションに行きます。その翌日は、神奈川県青少年協会主宰の「はたちのボランティア」で元気村を目指します。

こちらでは、南関東大震災や神奈川県西部沖地震など発生が危惧され、地域防災力の強化が叫ばれています。小千谷市内での避難所でも活躍した、「非常用炊出袋」のニーズが思いのほか好調で事業化も夢ではありません。利益で好きなだけボランティア活動が出来そうです。マーキーの「スカウト奉仕村」では、青木さんのおっしゃる通り、厳冬と積雪で犠牲者が出ます。長岡あたりのマンションでも借り切ってぬくぬくや、四輪駆動マイクロバスなどの夢も膨らみます。

「本当にスカウト活動って素晴らしいですねー。」BPが草葉の陰でほくそえんでいます。




Re: とりあえず1枚   たむら@十日町1 - 2005/02/21(Mon) 22:45 No.123

参加のみなさん、ホントにありがとうございました。
稲葉さん、その後風邪のぐあいいかがです?

地元の方が、スノーランタン坂の様子アップしてくれました。
http://homepage3.nifty.com/tzqri/setuzou/2005yukimaturi2.htm
来年も期待されてるみたいですよ。




Re: とりあえず1枚   鈴木幸一@横浜第96団 - 2005/02/22(Tue) 12:46 No.125   HomePage

田村さん、皆さん、「十日町の雪祭り」ご苦労様でした。

それにしても、「雪祭り」に対する地元の皆さんの情熱というか思い入れは、すごいですねー。報告書見て感動しました。私達が携わっているボーイスカウトのイベントなんて、比べたら子供だましの感ですね。勉強になりました。来年は、お手伝いしたいなー。と言うより、そういう現場の素晴らしさを実感したいなーと思います。

スノーランタンで、地元の皆さんが喜んで頂けたのは、スカウト関係者として嬉しいですねー。「来年も期待されているみたいですよ。」なんて、泣かせますねー。

田村さん、管理人さんの報告書見て、神奈川のおっさんが感動していたとお伝え下さい。




元気村のかまくら   稲葉@大和6団 - 2005/03/04(Fri) 14:08 No.135

ひょっとして、なのですが・・。
28日に元気村に入られた鈴木さんご一行は3月2日まで滞在されましたか?

「(3月2日に)神奈川の皆さんが作ったかまくらに地元の中学生が」との書き込みと写真が書き込まれていました。なんか、うれしくなっちゃいます(^_^)
http://genkimura8.exblog.jp/2171384/




Re: 元気村のかまくら   鈴木幸一@横浜第96団 - 2005/03/04(Fri) 22:04 No.136   HomePage

「ピンポーン」(正解のチャイム。ちと古いか!)

2月28日より、神奈川県青少年協会主催「はたちのボランティア」で9人の青年と3人のスタッフ計12人で伺い、二泊三日の日程で、元気村の皆様にお世話になりました。到着日の午後は、三メートル以上に積もったピンクテント周辺の除雪を行ない感謝されました。二日目は、吉谷地区の高齢者宅の除雪を行ない、午後は再びピンクテントの除雪を行ないました。夜は、神奈川と小千谷市の両青年会議所メンバーと交流会を実施し、被災地域の人々の苦労を知りました。

三日目は、神奈川の会議所メンバーも加わり、炬燵等の配達や除雪等に分かれて活動し、神奈川のメンバーは良く働くぞとお褒めの言葉を頂きました。テント内は、以前訪問したときより改善され、大変、過ごし安くなったと感じました。かまくらは、除雪のついでに、青少年協会のスタッフが頑張って作りあげたものです。

最終日は、山古志村の皆さんのご好意で、移動用バスを提供して頂き、隣接する長岡のケアハウスに向かい一泊しました。最後の日は、山古志村の仮設住宅内の集会所で、「わら細工」を、高齢者の方達から学びましたが、何てたって、はたちの女性が四人も居たことから、とても喜ばれました。お昼は、心づくしの料理を囲みんだ後、記念写真を撮り、横浜に戻りました。

参加された青年達は、親切な皆さんに囲まれ、「良い、思い出になった。」と大変喜んでくれました。

今回のプログラムを主催した、神奈川県青少年協会には、ボーイスカウト神奈川連盟の副理事長が理事として登録しているにも関わらず、スカウトが一人も参加していないのは、とても残念でした。

そんな訳で、元気村前に「かまくら」が誕生しました。


3月の連休付近で・・  投稿者: 稲葉@大和6団VS隊長 投稿日:2005/02/27(Sun) 23:56 No.129

本日原隊の隊会議があり、懸案となっていた春の活動を検討した結果、スカウトから新潟での活動を行いたいとの要望が出ました。

例年ならば3月末はVSに調査と計画をさせて新入隊員の歓迎移動キャンプをする時期なのですが、今年は不幸なことに新入隊員がいないので別の何かを、と言っているウチに延び延びになっていたのです。

これまでの活動に参加した者の感想が良かったこともあって、「ようやく」他のスカウトにも意識が芽生えてきました。隊長としては嬉しい限りなのですが、いかんせん、時期が遅すぎ(^^;) やつらに任せていては春休みも終わってしまいます(笑)被災者の方々のニードが変質してきている昨今の状況ですから、今回に限っては指導者リード型の活動にしようかと思っております。

原隊VSだけなら参加者は多くても7〜8名と思われますので、中越元気村と連絡を取ろうかと思っていますが、他に何か計画されている団やグループ(或いは個人)は、ありますでしょうか? 

現地にニードがあれば団の育成会や各隊に話を持ちかけて、バスの運行も視野に入れています。先月、断念したスカウトバスのリベンジも・・? 

・一緒に行ってみたいな〜という関東の方
・これを手伝って欲しいな〜という新潟の方 等
もし何か情報があればご提案頂ければ幸いです。

今週末に団会議を控え、少々焦ってるモードの稲葉でした(^^;)




新潟周遊券   稲葉@大和6団 - 2005/03/03(Thu) 10:01 No.132

JHが関東から新潟に向かう人向けの高速道路料金割引を決めたようです
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050303-00000029-kyodo-soci

「販売を決めた」とのことですので、現時点ではまだJHのHPにもアップされておらず、具体的な使用方法はわかりません。実施は28日から7月15日までかぁ・・。
 #今月の連休は適用外じゃん(泣)




Re: 3月の連休付近で・・   吉住@横浜103ボーイ副 - 2005/03/03(Thu) 12:02 No.133

>スカウトから新潟での活動を行いたい・・
これは是非実現させてやりたいところですね!
うちの隊も「中越災害支援募金」と「スマトラ災害支援募金」を
それぞれスカウトからの申し出で実施しました。

うちの団内でも稲葉さんの提案をPRしてみます。
あっしは、3月の連休は隊のキャンプなどがあり行けませんが。
中越元気村でも雪解けが始まり、雪かきの需要が少なくなる様子ですが、
とにかく滞在費が安く済みますね。
ただ、横浜地区ではこの時期カラーチームの活動が開始されますので
参加スカウトは少ないかもしれません。




ありがとうございます   稲葉@大和6団 - 2005/03/04(Fri) 13:58 No.134

> うちの団内でも稲葉さんの提案をPRしてみます
ありがとうございますm(_ _)m

> 横浜地区ではこの時期カラーチームの活動が開始されますので
前回のNJでは県央カラーチームのスタッフをしていましたので
ご一緒した横浜PERSPEXの皆さんは存じております。ご活躍を
祈ります。


ボランティア上映会奉仕募集  投稿者: 荒井@加茂1団 投稿日:2005/01/17(Mon) 00:59 No.44

2月6日(日)に長岡のリリックホールで行われるボランティア上映会奉仕の募集です。
集合時刻は未定ですが概ね次のような内容の文書が配布される予定です。

奉仕可能な方はメールまたは書き込みでご連絡ください。
−−

 ボランティア上映会
 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」無料上映会のご案内

 このたびの中越地震により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
私どもボーイスカウトは被災地でさまざまな支援を行って参りました。
被災地は震災発生より約2ヶ月半経過し、ようやく日々の生活を取り戻しつつあります。
これまでの物質的な援助から、今後は心のケアが求められて来ています。
私どもはこれまで地域の青少年たちと野外活動を通して共に歩んで参りました。
これからも子供たちの笑顔のために役立ちたいと考えております。
この度、その一環として被災地周辺の皆さんを対象とした、シリーズ最新の人気アニメ「ガンダムSEED DESTINY(シード デスティニー)」の上映会を開催いたします。
入場は無料です。皆様のお越しを心よりお待ちしています。

             記

1.日時:平成17年2月6日(日)
     開場:13時30分 開演:14時 終了:15時30分
2.場所:長岡リリックホール(長岡市寺島町315番地)
3.内容:アニメ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」総集編の上映
4.料金:無料
5.対象:中越地域の方
    (未就学児・低学年児童等は保護者同伴でご参加ください。)
6.定員:先着450名
    (定員を超えた場合には会場に入れない場合があります。あらかじめご了承ください。)
7.交通のご案内:
 ・バスの場合は長岡駅発の循環バス「くるりん」が便利です。
 ・お車の場合は、無料大駐車場をご利用ください。

主 催  ボーイスカウト新潟中越地震復興プロジェクト
後 援  機動戦士ガンダム SEED DESTINY
      オフィシャル・ファンクラブ “SEED Club mobile”
−−




Re: ボランティア上映会奉仕募集   林敏朗@横浜82BVSL - 2005/01/19(Wed) 16:51 No.51

すご〜く、行きたいけど。。。
ごめんなさい、
隊集会があるのでNGです。

上映会が成功することを祈っています。




Re: ボランティア上映会奉仕募集   加茂 今井 - 2005/01/24(Mon) 12:23 No.54

今のところ、加茂一団はL荒井さんYNW小柳さんVS4名参加の予定です。
加茂のガールは、参加ゼロです。
申し訳ありませんが、CS隊集会ですので私今井は参加できません。




Re: ボランティア上映会奉仕募集   ファースト世代 - 2005/03/02(Wed) 22:23 No.131

2月末に角川書店より発行された月間ガンダムエースに、今回の上映会が写真入りで紹介されておりました。
ん...近藤さん 写ってますよ。
そういえば近藤さんもファースト世代。


応援のメッセージを書き込もう。  投稿者: 鈴木幸一@横浜第96団 投稿日:2005/02/26(Sat) 13:17 No.128   HomePage

 新潟中越地震の発生から、間もなく4ヶ月を迎えようとしてます。余震の危険が叫ばれるなか、発災当時より地元だけでなく県外のスカウト関係者も現場に駆けつけ、ライフラインの停止した避難所での炊飯活動や物資の配給、仮設住宅への引越し、心のケアに貢献した、映画会やレクリエーション活動、雪かきなど、正にスカウトの真髄を発揮するような活動を展開行い続けてきました。これは、阪神淡路大震災に続く、私達スカウトとしての快挙といえましょう。日本連盟は、「災害対策チーム」を立ち上げ、全国に支援を呼びかけ、被災地を管轄する新潟連盟は、「ボーイスカウト中越地震復興プロジェクト」を立ち上げ゛、全国からの心有るスカウトと共に現場ならではの活動を展開してきました。

 私達は、伝統的に、野営中のスタンツでは、スカウト精神を伝えようと、「霧のロンドン」という題材を用いてきました。今回の教訓は、日本のスカウトにとって誇りある、「新潟中越の地震復興プロジェクト」として、忠臣蔵のように後世に伝える価値があると思います。さて、この掲示板のアクセス数は、間もなく2000に達しようとしています。しかし、投稿される方の多くは、活動参加者に限られています。

 スカウトによる素晴らしい奉仕活動であると言えども、参加することのみに意義があるとは思えません。アクセスされた皆さん、「ひとこと」でも結構ですから、メッセージで参加して下さい。今回の救援活動に参加し被災者の力になろうと厳しい環境下で頑張ったスカウトに、感想や質問を求めて下さい。昨年の暮に山古志村の子供達が通学する、「青葉台小学校の体育館」で開催された、「クリスマス会」では、関東のカブスカウトが製作した、大きなクリスマスの手づくり看板が吊るされ会場の雰囲気を盛上げました。皆さんの地元でも、「掘るまいか」の映画会や写真展、物産展など、やれることは、沢山あります。


 天皇陛下や内閣総理大臣も、この大惨事の発生に、被災した現地を逸早く訪問し、関係者の一人ひとりに親しく声を掛けて頂き、復興への大きな力となりました。ご多忙とは、存じますが、我が愛する、「総長」からも、現場を訪問することが困難であれば、被災現場で頑張っているスカウト関係者に、このページで一言でも頂ければ嬉しいと思う指導者は、私一人ではないかと思います。

 関係者の皆さん、スカウト運動発展のためにも、宜しくお願い申し上げます。




皆さん、ぜひご一緒に!   ★よねざわ@奈良 - 2005/03/01(Tue) 01:28 No.130

・鈴木さん、はやしさん、先の「中年独り旅」(2/11-19:8泊9日)報告
 では、レスポンスを頂き、誠にありがとうございました。

・今回(2/11-19)私が休暇を使って新潟への単独行を思い立ってまず
 したことは、旧知の方々へのDMと/この掲示板で新潟再訪の意を
 お知らせ/ご相談したことです。(前回の訪問は、降雪前の12月、
 長岡市大手高校:山古志村避難所への3泊4日。)

 20数年ぶりの仲間との再会/2度めの出会い/どうやら出身校が
 同じらしい奇縁など、既存の関係の方たちもさることながら、
 初めて出会う方たちにも、「BSつながり」というキーワードだけで
 本当に良くして頂いた/気持ち良く受け入れて貰えてお世話頂けた
 ことが、強く印象に残ります(私は、どこかのウマノホネであり
 ますのに)。

・おかげさまで現地活動のイントロから最後まで、BS有志ネット
 ワークの存在が、私の活動を充実させてくださいました。
 自立すべきだけの荷を背負い(久々に25kgを超えました…笑)
 現地入りした身ではありますが、皆さんからの情報と実際の
 サポート、本当にありがたく頂戴しました。皆さんの存在を
 知っておればこそ、安心して現地入りもできたのでして、
 心底からお礼を申し上げます。

 全国に仲間がいること(いやいや本当は更にInternatinalです)、
 同じような野外経験/失敗談を持ち合わせ、歌い出したら2時
 間ぐらいは止まらないだけのストックを持ち合う間柄かな?と
 いうことも、雰囲気で感じながらお付き合いさせて頂きました。

・一般ボランティアとしてボラ・センに登録し、その日限りの
 チームを組んでも、それは十分に機能します。志と目的は同じ
 傾向が有りますから。

 更に、BSつながりのチームであるなら、信頼感がより増します。
 それぞれに各種のキャンプ運営、アウトドア活動の経験が有り、
 「おきて」に示された価値観を共有できるはずの間柄ですから。

→BS関係者の皆さん、正直を言えば、「現地に行くのは、物好き
 だけ」という雰囲気を作らないようにできないでしょうか。
 それぞれにできることが有り、いざやってみれば敷居の高さが
 下がることがあるのは度々です。

 鈴木さん wrote:
> アクセスされた皆さん、「ひとこと」でも結構ですから、
> メッセージで参加して下さい。今回の救援活動に参加し
> 被災者の力になろうと厳しい環境下で頑張ったスカウトに、
> 感想や質問を求めて下さい。

→是非ともお願いします。キッカケとして、励みとして。
 せっかくの間柄ですし、活かさない手はありません!
 というように、BSのネットワークのお世話になった身の
 者の発言です。頼りになりますし、援けあえる間柄が
 作れるんだと信じます。


[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39]
投稿画像の表示サイズを変更できます
管理者用

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -